うつ病の診断チェックを行なって早急に対応を行う

無料で利用

簡易的に診断をすることができます

うつ病は精神障害の1つで症状は様々です。世界精神調査日本調査によると16人に1人がうつ病を発症しているということが明らかになりました。症状としては抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、食欲の低下、不眠などがみられます。真面目で几帳面な人が発症しやすい傾向にあるようですが、必ずしも性格が影響するとは限りません。誰もがかかる可能性のある病気なのです。診断としては問診からうつ症状を把握して診断基準に照らし合わせ、病的なものか評価されます。自分がうつでないか不安な方はインターネット上でも診断表が掲載されており、チェックすることで確認できます。チェック項目は多くありますが「はい」か「いいえ」をチェックする簡単なもので無料で行えます。

医療福祉や社会支援を利用する

うつ病の治療は保険診療が適応の為、健康保険証がれば1から3割負担で行えます。初診料の平均は7500から15000円程度の負担分となります。薬が処方された場合は別途で料金がかかります。うつ病の治療機関は平均半年から1年かかるといわれていますが個人差があり、改善しても再発する可能性が非常に高いようです。よって、10年以上うつ病に悩んでいる人も多くみられます。うつ病の治療費は高額になることがある為、医療福祉や社会支援も受けることができます。医師や市役所、社会保険事務局に相談することで経済的な負担を軽減できると考えます。まずはどういった支援を受けることができるのかチェックし利用することで、治療に専念できるのではないでしょうか。