うつ病の診断チェックを行なって早急に対応を行う

相談する

おかしいなと思ったら専門医に相談

ストレスとは切っても切れない関係の現代社会人。過度のストレスから気が付かないうちにうつ病を患ってしまう人も少なくありません。 「気分の浮き沈みが激しい」「意味もなくひどく落ち込んでしまう」などの症状を感じた場合、心療内科や精神科を受診してみましょう。個々人に合った対処方法や治療方法を専門の医師がゆっくり丁寧にアドバイスしてくれます。精神系の診療部門はあまり良いイメージが無いように感じる方もいるかもしれませんが、それは過去の話です。うつ病が身近な存在となった現在では、心療内科や精神科も内科や外科と同様に気軽に通っても良いところなのです。 ちょっとおかしいなと感じたら、無理をせず最寄りの総合病院など精神系の診察部門のある病院で診察を受けてみましょう。

うつ病かどうかはセルフチェックで確認

普通に生活していたのでは、自分がうつ病かどうかわからない方がほとんどだと思います。うつ病に限らず自覚がないことが一番怖いことなのです。そこで、うつ病の疑いがあるのかないのか、セルフチェックを行ってみましょう。 最近では、簡単なチェックでうつ病の疑いがあるかどうかを判断できるセルフチェックサイトが存在しています。質問に答えるようにひとつひとつチェックしていくだけで、自分にうつ病の疑いがあるのかどうかを簡易的に知ることができます。簡易的ではありますが、うつ病の疑いが強いとの判断が出た場合、最寄りの医療機関を受診しましょう。また、受診する際にセルフチェックの結果を持参することで、専門の医師に説明がしやすくなると思います。 うつ病は恥ずかしい病気ではありません。自分の弱さが原因の病気でもありません。誰もが罹りうる病気なのです。正しい治療を受ければ必ず改善されるところまで医療技術は進歩しています。おかしいなと思ったら、迷わず専門の医師に相談するようにしましょう。

うつ病になっても1人で悩まないでください

うつ病は私たちの生活の中にあるストレスが原因で引き起こされます。 この病が今のように世間に知られる前は、甘えや怠けているとして第三者からは言われていましたが最近では徐々にうつ病に理解のある人々がふえてきました。 このうつ病という病気は紀元前5世紀ごろから存在していたのですが、前述した通り現代までなかなか理解されるものではありませんでした。 最近ではただのうつ病ではなく、主に若者に見られる新型うつというものも発症する人が出ているようです。 現代では徐々に理解される環境作りが社会全体で行われているので、一人で悩まずに会社や学校などの保健師に相談したり病院でしっかりと診断をしてもらいましょう。 そして時にはこころを休ませてあげることも大切です。